The Politics of Witches and Twins (Japanese Edition)



Warning: getimagesize(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/justbook/public_html/livregratuitenligne.com/wp-content/themes/maedan/inc/files/maedan-single.php on line 37

Warning: getimagesize(http://ecx.images-amazon.com/images/I/51J3zJag5zL.jpg): failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/justbook/public_html/livregratuitenligne.com/wp-content/themes/maedan/inc/files/maedan-single.php on line 37
The Politics of Witches and Twins (Japanese Edition)
魔女の仮面。
それは、もうひとりの私――。

”魔女のウワサ”が流れる国の
生活と社会を描く、異世界ファンタジー(ハイ・ファンタジー)。
全二巻。


(あらすじ)
義賊と職工の街オルボンヌでは、「盗み」が黙認されている。月の明るい夜は、資産家は盗賊たちを導くための人形を門扉に飾るのが伝統だった。

ある夜、大屋敷に侵入し「盗み」を成功させたカイルは、逃走ちゅう、記憶をなくした少女シエラに出会う。シエラは、盗みだした宝石によく似たルビーを首にさげていた。宝石にまつわる情報をさぐるため、ふたりは「カモメ亭」へ向かう。

海鮮料理屋「カモメ亭」では、盗賊らが「仕事」の成功を祝う「夜明けの晩餐」が続いていた。そこに、一匹の兎人(ラビト)(※)があらわれ、店内は険悪な雰囲気につつまれる……。

※ 兎人(ラビト):人間ほどの大きさを持ち二本の脚で歩くウサギ。人間たちから差別を受けている部族。かつては人を襲うこともあったというが……。


(もくじ)
プロローグ~少女の記憶
1.薄闇のオルボンヌ
2.花を両手に――旅立ち
インタルード~少女の記憶Ⅱ
3.古の隠れ里――テスタ村
4.定期船ウミニャコ丸
インタルード~少女の記憶Ⅲ

Details The Politics of Witches and Twins (Japanese Edition)

Title The Politics of Witches and Twins (Japanese Edition)
AuthorAkika Anesaki
Release Date5th Jan 2017
PublishereieiPublishing
FormatKindle eBook
LanguageJapanese
Pages96 pages
Rating